合気道とは?

合気道とは、武道家・植芝盛平(翁先生、1883-1969)が日本古来の柔術、剣術を研究して生み出した武道です。

大きな特徴は合理的な体の使い方、体捌きによって「無駄な力を使わず効率良く相手を制する」武道であるという事です。その為、体格や体力に関係なく心身の鍛錬ができ、「小よく大を制する」事が可能となっています。

また、相手と力比べをせずに相手の力を受け流し、もしくは相手の力を利用して制する、すなわち「相手と気を合わせる」事によって相手との対立を解消し、人類全てが平和になる、という翁先生の願いが込められています。よって、合気道においては試合がなく(会派によるが埼大では行わない)、演武によって日頃の稽古の成果を発揮する、という事も特徴の一つです。

武道としては体術を中心に剣・杖・短刀を用いた武器術を行い、投げ技や固め技によって相手を傷付けずに制する事ができます。段級位制であり、4級以下は白帯、1級~3級は茶帯、段取得者は黒帯と袴を着用します(女性は白帯からでも袴を着用する)。

現在では柔道、剣道、空手道、弓道と並んで日本を代表する武道の一つに数えられており、日本国内で約100万人、全世界で約160万人が稽古に励んでいます。

フォトギャラリー: 合気道とは?

お問い合わせ先

埼玉大学合気道部 日本、〒338-8570 埼玉県さいたま市桜区大字下大久保255 saitamauniv_aiki@yahoo.co.jp